May 11, 2021

「 天使のはしご 」幻の絶景を求めて西表島の洞窟探検へ

「 天使のはしご 」幻の絶景を求めて西表島の洞窟探検へ

西表島洞窟探検絶景

このブログでも公式のSNSなどで何度もアツく語っている洞窟探検「ケイビング」
まぁ私自身がガイド業がオフのシーズンに現役洞窟探険家として活動しているために洞窟愛が沸騰しすぎているためなので、勘弁してください

沖縄や西表島にも様々なケイビングツアー(洞窟探険ツアー)を開催しているエリアが増えました、ゆっくりではありますが徐々にケイビングが認知されいる事が嬉しいです

日本では鹿児島県の離島沖永良部島が絶景が見れる洞窟としては一番有名なケイビングスポット

沖永良部島には仲間のケイビングツアーガイドもたくさんいる為、合同ツアーや、所属する日本ケイビング連盟のプロガイド訓練などでもちょくちょくお邪魔する島です

この島の洞窟探険や絶景の魅力を語りだすと終わらなくなってしまうので、またの機会にしたいと思います

今回は西表島の洞窟探険ケイビングツアーで見る事の出来る絶景

天使のはしご
天使のはしご

その魅力についてをご紹介したいと思います。
天使のはしご、正式には薄明光線とも言われる自然現象で、地上では朝夕に多く見られる美しい現象です

この現象は地下世界(洞窟)の出入り口でも多く見ることが出来ます、

天使のはしご、幻の絶景

でも今回ご紹介したいのは、写真ようにリアルな洞窟の中で奇跡的瞬間に見る薄明光線「 天使のはしご 」なんです

100の言葉で書くより写真が伝える感動の方が大きいとは思いますので数多くの写真を掲載しています

フェトコンテスト優秀賞ただ滅多に見れるないのです、その確率わずか5%未満、なぜ5%未満と言えるかと言うと、私はケイビングガイドとして年間200回はこの洞窟へ入っていますが1年で「 天使のはしご 」を見れるのは多くても10回未満なんです

西表島洞窟探検絶景


「 天使のはしご 」が幻の絶景である理由1:ジャングルの密度が重要


洞窟なのにジャングル? はいジャングルが重要です。
この洞窟がある場所の地上は密度の濃い原生林ジャングルで、昼間でもほとんど日が差さないほど暗い森なんです
洞窟の中まで光を届けるには強い日差しが地面まで届かないといけませんが、密度が濃いジャングルの為に、通常の季節はほぼ不可能
台風が通過してある程度の木が折れたり葉っぱが吹き飛び、ジャングルの中に光が届く秋〜冬が良いのです

西表島ケイビングツアー


「 天使のはしご 」が幻の絶景である理由2:洞窟内の湿度が重要


通常でも洞窟内の湿度は90%〜100%に達します、ヘッドライトにはまるで埃のような白い靄が見えるほど
この充満するミストに天井の穴から差し込む太陽光線が反射すると、感動的な天使のはしごが出現するのですが
季節や地上の天候によっては、洞窟内の湿度が低くなる場合があり、湿度が低いとどれだけ強い太陽光線が洞窟内に差し込んでも、天使のはしご は現れないのです。

西表島ケイビングツアー


「 天使のはしご 」が幻の絶景である理由3:時間が重要!勝負は30分間


西表島の本格ケイビングツアーで行く洞窟には3つの窓が洞窟の天井に空いていて、季節や時間によって天使のはしごの出現する場所が違うのですが、最も美しう光がさすメインホールは季節にもよりますがPM14:00~15:00あたりがベスト
季節により太陽の角度も違うので、ベテランガイドの引率で行くことをお勧めします

西表島ケイビングツアー


「 天使のはしご 」が幻の絶景である理由4:何よりたどり着くまでが困難


車を降りてサンダルで散歩がてら見に行ければ今頃は西表島で一番の人気スポットになっている事でしょう
でもこの洞窟に広がる「 天使のはしご 」を見るにはガチンコの洞窟探検に参加しないとだどり着かないんです
匍匐前進や劇狭い難所をいくつもいくつもくぐり抜け到着する、幻の名にふさわしい難所
この苦労の果ての見る事が出来れば一生の思い出になる事間違い無し

西表島洞窟探検絶景


「 天使のはしご 」が幻の絶景である理由4:引率プロガイドは、たった二人!


現在石垣島をはじめ西表島や沖縄周辺の島々の中に数え切れないほどのアクティビティーツアーショップがあり、数百〜数千のガイドが存在しておりますが、洞窟探検を専門に引率するケイビングプロガイドに認定されている人は沖縄県全体でたった2人しかいないのです
プロでなくても洞窟探検のガイドは出来ますが、地上よりリスクを伴う地下の洞窟探検ん世界は、安心と安全を担保できるプロガイドと共に行くことをお勧めします。

石垣島ケイビングツアー


「 天使のはしご 」が幻の絶景である理由5:とにかく晴天じゃなきゃダメ!


広がる青空と強い日差しを想像する沖縄ですが、実は雲ひとつない青空ってあまり見れないんです、いつもどこがに雲があり、晴れたり曇ったりの繰り返し、洞窟内で運良く天使のはしごの現象が見れてもほんの一瞬で消えちゃう事がほとんど、記念写真を撮れるほど長い時間の晴天の日は滅多に出会えない。

人工的にいつでも見てれる絶景とは違い、自然現象が織りなす絶景だからこそ「幻」レベルで良いと思います

死ぬまでに見たい絶景、地下世界に広がる「 天使のはしご 」

皆さんも体が自由に動くうちに、この「幻の絶景」を見に来てくださいませ

持ってる人は必ず見れる!!

持ってない人も必ず見れる!!

全ては運次第


西表島半日ツアー本格ケイビング(洞窟探険)ツアーS-2コース

 

 


関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA