ブログ
May 31, 2022

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

与那国島ケイビングエリア開拓

大きな収穫が得られないまま終わった2016年の洞窟調査/ケイビングツアーエリア開拓から早6年が過ぎ、心の中らか与那国島の思い出も消えかけた頃、再び与那国島の洞窟調査に関する話が浮上した

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

今回は、私個人と与那国島の企業とコラボ探検活動なのだが、重要な協力者は前回の調査で様々な情報や現地調査を行ってくれたY氏、ほぼ一人でコツコツ島中を歩いて集めた洞窟に関する情報のおかげで、今回の洞窟調査がわずか2日で7本の洞窟を調査出来た

Y氏の事前調査無しには、なし得なかったことは言うまでもない、頭が下がる思いです。ありがとうございました。

まだまだマイナーで変人扱いされてしまうケイビング(洞窟探検)ですが、アウトドアガイド歴25年の私が断言するほどケイビングは無敵の最強アクティビティーである

そんなアクティビティーで島を巡れる日が来るように、時間を見つけては色んな島でツアー化出来そうな洞窟を探しています、その中でも日本最西端の与那国島は一番開拓したいエリア

現在沖縄県で本格的なケイビングツアーを体験できるのは、西表島

そして八重山最大の規模を誇る石垣島

だけである

いつの日か与那国島〜西表島〜石垣島〜多良間島〜宮古島〜沖縄本島〜本州〜北海道など日本中〜そして世界の洞窟まで旅行の目的がケイビングと言う人が現れる事を期待している


日本最西端の島の観光

与那国島のアクティビティー観光と言えば、ハンマーヘッドをはじめとするダイビング。海底遺跡、カジキに代表される大物釣りなど海をメインとするが地上や内陸部のアクティビティーは、ほぼ0の島

でも沖縄観光の敵でもある冬や悪天候などの影響は大きく、海が時化た時や冬の沖縄は、ジャングルのある西表島以外はやる事を探すだけでも一苦労

日本最西端の島の観光

ただケイビングだけは夜でも冬でも雨でも遊べる、夏に依存する沖縄観光にとって非常に未来を感じるアクティビティーだと思っています

八重山で古くから洞窟探検(ケイビング)に携わっていた私にとって、未来の観光資源を与那国島で見つけることができれば、これ以上嬉しい事はない

そのきっかけになればとの思いから、八重山ケイビングガイド協会を設立したのだ。


【結果から】

今回の調査では、現在の与那国島では本格的なケイビングツアーが盛んな西表島や石垣島に匹敵するような300Mを超えるサイズは見つけることは出来ませんでした

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

ただ島の大部分が石灰岩で海抜の高いエリアにも洞窟でできる可能性がある与那国島は、まだまだ調査を継続する魅力に満ちた島です


【噂では6kmを超える洞窟もある?】

島の人に洞窟のことを尋ねると70代以上のおジィーたちは口を揃えていうのは、集落から集落を結ぶ長い洞窟があるというのだ、6kmはすごいサイズだが、噂のエリアの土地改良の歴史や現在の状態を調べてみたのだが、期待は薄い場所である


【洞窟調査エリア1:南西部エリア】

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

HIYANDAKUDAYA_CAVE、戦争中は防空壕として使われていた洞窟らしい、大きなアコウの木が目印らしいが、長年放置された与那国のジャングルは険しく、入口を探すことは容易ではない、GPSを持っていかないと迷うこと間違いなし

ドリーネの底に開口している洞口の第一印象は「かっこいい!」と素直に思える、雰囲気たっぷりの洞窟である、ケイビング人生初体験の人には最も適した形状とサイズ

サイズは80mほどで、洞口も洞内も天井までの距離は高く、狭い場所が苦手な方も不安を抱かない形状で二次生成物も、つらら石、洞窟珊瑚、ケイブパール、リムストーン、石筍など鍾乳石の発達は良い

しかも写真映えする鍾乳石が広場る開放型の横穴や経験者のドキドキする劇狭のエリアもあり半日で体験ケイビング体験ツアーとしては使いやすい洞窟であった


【洞窟調査エリア2:エリア非公開:120mの河川洞窟】

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

ここは新発見の可能性が非常に高い為写真や場所などの情報は控えますが、今回の与那国島洞窟調査で最も楽しく感じた洞窟が与那国の渓谷の流れる沢水の排出ポイント

入洞いきなり濡れる(しかも深い)沖縄県の洞窟で珍しいパターン、水質も悪いわけではなく、顔半分しか出せない水没エリアを抜けると小さな滝が2つ続いたり前半半分は、ケイビングツアーとしては十分なエンターテイメント性がある洞窟

ここは今後の展開を考えても、もう一度しっかり調査を続行したい洞窟

二次生成物は最奥のエリアにストローなどが少しあるが発達状態は今回の調査した洞窟の中では最も悪い、水流が多く激しいのが影響していると思われる


【洞窟調査エリア3:北部エリア:170m貫通型横穴】

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

HAEHIKIDAYA_CAVE、起伏もあり長さもあり、洞口も3か所あるのでケイビングツアー向きの形状であるが、崩落が激しい部分が多く、ルートを確立するには時間がかかる洞窟である

今回は洞口の地主さんの許可を頂き、すべてのエリアを調査できたので収穫が大きかった洞窟である


【洞窟調査エリア4:北部エリア:40m縦横複合】

NICHINHIKIDAYA_CAVE、上記のエリア3のすぐ側にある洞窟で探検する部分はほとんどないが、与那国島で現在唯一SRT(-20m)でエントリーできる唯一の洞窟である、竪穴とは別に横穴からも出れるので安心ども高い

洞底からの眺めは迫力があり、洞底に差し込む太陽のビームが美しく、与那国島の天使の梯子が見れる洞窟である


【洞窟調査エリア5:北部エリア:300m横穴】

 

NUNBARU_CAVE、現在発見されている洞窟では与那国最長の横穴洞窟、1977年に愛媛洞窟探検部の調査では300mとなっているのだが、今回の調査では50mほどで大量のゴミが堆積していたため、その先にあるはずの大きなホールまでは辿り着かなかった

形状は楽しめる洞窟だが、水質があまり良くなく、時々原不明な肌の痒みが発生する水が気持ちを萎えさせる洞窟でした。


【洞窟調査エリア6〜7:南部エリア:海食洞窟】

沖縄県の島々にある海食洞窟の中でも、与那国島の海食洞窟は信じられない規模でした、その大きさはボーイング737クラスが2機余裕で収まる規模なんです

与那国島洞窟探検:ケイビングツアーエリア開拓

HIBIDAYA_CAVEとIRABUGAMA_CAVE

特に規模の大きいHIBIDAYA_CAVEは、洞窟までの距離は近いがアクセスルートの危険度は凄まじく、僅かなミスで崖下50mに落下するような場所でしたが、インパクト大

ケイビングツアーでは使えないが、そのロケーションから十分ツアーポイントになり得る場所です。

Posted in ブログNo Comments » 

 

Mar 22, 2022

ギアメンテナンス

ギアメンテナンス

いよいよ気温も水温も高まりグリーンシーズン突入の西表島です。

卒業旅行シーズンから春休みシーズンへ、島でみかける旅行者の数も日に日に増えている気がします。

ギアメンテナンス

SNS広告やガイドブックやホテル様のツアーデスクマージンにOTA手数料などなど、本来ショップ運営に費やす予算

その予算全てを、ツアークオリティーを上げる為に必要なギアに費やしているため、時代の波に乗る事が出来ない当店「西表島アドベンチャー海歩人」

決して忙しくなる事はありませんが、落ちそうで落ちない超低空飛行を楽しみながらもコロナ渦を生き残り営業を続けております。


前置きはさて置き

本日は、スーパーキャニオニング石垣島スーパーケイビングやWEB未公開ツアーでゲストの安全を保つハーネスの保守点検とカウズテール全ての新品交換作業を行う為に、ツアー業務はお休みしメンテナンスデイを楽しんでおります。

ギアメンテナンス


【紫外線は大敵であります】

殺人的強さで照りつける沖縄の日差し、特に今からの季節の日差しの強さは凄まじく様々なギアを劣化させてしまいます、特にロープやハーネスを使うスーパーキャニオニングなどはトラブルが起きてからでは遅い

ギアメンテナンス

当店では、メーカーのデーターを基準にしながらも紫外線劣化も考慮して、メーカー目安より早いサイクルで交換しております、お金はかかりますが、お金で買える安全は買うべきでありますからね

交換前のカウズテールは、すぐにでも切れるような状態ではありませんがロープの柔軟性がかなり低下し扱いづらい状態になっていたので、前回の交換より一年を経過していたので、全面交換となりました。

これで不安要素なく明日から利用できそうです


【ツアーであるが故の2重安全策】

写真では分かりづらいですが、様々な体格の方が利用し経験のほぼ無い方が対象のツアーレンタルのハーネス、個人的趣味の装備と違い、安全対策は常に2系統が基本となります。

ギアメンテナンス

当店はハーネスのメインアタッチメントの万が一の破断時にも転落しないように6mmプルージックコードで予備のアタッチメントを作成し、カウズテールとメインアタッチメントの結着もラビットノットで繋げちゃう念の入れようです。

ギアメンテナンス

ロープ好きあるあるですが、ラビットノットフォロースルーはかなりの慣れが無いと結べないんです


【記録も重要】

「あれ。。いつだっけ。。」よくある事ですよね、ツアーギアもフィールドメンテナンスも全て記録簿に残しておかないと忘れちゃうんです。。。私

ギアメンテナンス

ファーストエイドもツアーフィールドメンテナンスもセイフティーギアも、ツアーで使用する全ての事柄は、記録簿で残しながら、定期的にメンテナンスを続けています

安全対策にやりすぎはない、ガイド自身が安心してゲストを引率しツアーが出来るようにこれからも抜かりなく「常に備える」対策を続けます


【フィールドメンテナンス】

安全で快適なキャニオニングシーズンをゲストに提供するために、ビギナーキャニオニングツアーのエリア汚水清掃作業も完了、毎回この作業は絶望的な悪臭と劣悪な澱み水との戦いなので気が滅入りますが、これもガイドとして重要な仕事

【2日目フィールドメンテナンス】 【2日目フィールドメンテナンス】 【2日目フィールドメンテナンス】

なんとか他のツアーが始まるまでには終了


【ファーストエイドキット】

使う機会が来ない事が一番良いファーストエイドですが、使いた時に使えるように「常に備える」には日々のメンテナスは重要です

ファーストエイドキットのメンテナンス ファーストエイドキットのメンテナンス

ミスがないようにチェックシートを見ながら全ての項目をリフレッシュ完了です。

 

Jan 2, 2022

世界の果てまでイッテQ新春SP「出川女子会in沖縄」ご視聴ありがとうございました

世界の果てまでイッテQ新春SP「出川女子会in沖縄」ご視聴ありがとうございました

もし見逃した方は放送終了後から1週間以内なら無料アプリTver

さらに過ぎた方はHuluでも見れます

世界の果てまでイッテQin西表島:お見逃しなく

なんと2021年の春にも西表島に訪れたイッテQがまたもややって来ました!今回は西表島だけに止まらず八重山諸島各島々でのロケとなっていましたね

この放送を見た方々が「八重山に行きたーい」と思って頂ければ、撮影サポートさせて頂いた甲斐もあります

 

続きを読む

 

Dec 29, 2021

西表島天然スライダー

これが西表島最強の沢遊び


【30Mを超える滑滝】

西表島最長の天然ウォータースライダーと聞いて「ああアレね」と答えられる人が何人いるでしょうか、きっと島に住んでる人のほとんどの人が知らないポイントであり、島の自然に詳しいネイチャーガイドの人たちでも、噂に聞いたが実際に行った人は少ないポイント、それが西表島天然スライダー

年間5回以下の幻ツアー

年に数回しか開催されない幻ツアーなのだ

 

続きを読む

 

Sep 13, 2021

台風通過セイフティーリサーチ

大きな被害を出す事なく過ぎ去った台風14号でしたが、風と雨はそれなりに

というわけで明日からの営業再開に向けて、フィールドの安全確認に出かけておりました


【活動内容】:台風通過後のフィールド確認作業

【場所】:ゲータ川エリア/ユツン洞窟エリア

【日時】:2021/09/13


どのフィールドも大きな被害はなくツアー再開に影響はありませんでした。

明日より通常営業再開となります

続きを読む

 

Aug 15, 2021

定期フィールドメンテナンス

定期フィールドメンテナンス:ケイビングエリア

【活動内容】

定期フィールドメンテナンス(ケイビングエリア)


【作業内容】

①本格ケイビングエリア駐車スペースの草刈り作業

:駐車スペースと出入り口付近、洞口エリアの草刈りを重点的に行いました


②ツアー備品のメンテナンス

:ツアーで使用するヘッドライトの点検整備を行いました


③ツアーフィールドの洞窟内の安全管理

:フィックスロープ設置場所の確認など


【日時】

2021年8月15日(日)


【作業者】
日本ケイビング連盟西表島支部
西表島アドベンチャーツアー海歩人

日本ケイビング連盟西表支部活動報告 日本ケイビング連盟西表支部活動報告 ケイビングツアーフィールドメンテナンス ケイビングツアーフィールドメンテナンス 定期フィールドメンテナンス

 


今年はツアーで使用している洞窟がテレビ放送された事が影響なのか、数多くのツアー業者が利用しているようです。駐車スペースでの交通トラブルや洞窟内でのアクシデントが起こらないように定期的なメンテナンスは続けてまいります。

Posted in ブログNo Comments » 

 

Jul 30, 2021

フィールドメンテナンス

フィールドメンテナンス

活動内容:

前回の台風による高潮で洞窟の中にまで入り込んでいた漂流ゴミの撤去作業と

海岸線のゴミ拾いも行いました。

場所:

ケイビングツアーフィールド(ユツン洞窟)海への出口付近

日時:2021/07/30

 

フィールドメンテナンス ケイビングエリア清掃活動 ケイビングエリア清掃活動

作業者:

(社)日本ケイビング連盟西表島支部

西表島アドベンチャーツアー海歩人

 

Jul 16, 2021

安全管理フィールドメンテナンス

安全管理フィールドメンテナンス

コロナさえなければ7月のツアーシーズンと言えば、台風以外で休む事がない季節です。でも昨年から今年は、時間にゆとりがあるので、充実した時間を過ごしております。

今年の春先から現在の中で蓄積した【ヒヤリハット】を改善すべく朝から汗だくでの作業となりました

今回はケイビングエリアと言う事で、所属している(社)日本ケイビング連盟西表島支部での活動となりました。

安全管理フィールドメンテナンス

特に毎年やってるハチの巣駆除は何度やっても怖いし暑い…
別に誰に頼まれている訳では無いからやらなくても良いのですがね…笑

続きを読む

 

1 2 3 4 5 36