Sep 24, 2020

海歩人クラウドファンディングの軌跡

海歩人クラウドファンディングの軌跡

やられました!コロナショック
立ち上がれないくらいに打ちのめされました。

世界中が恐怖に怯え始めた2月下旬。
突然始まったツアーキャンセル嵐

吹き荒れました、3月は8割減、4月は10割減、その後の予約も一切無く、コロナショックの嵐は止む事なく明るい未来は見えない…

天職であり適職だと感じ、アウトドアツアーガイド業界に入り四半世紀が過ぎ
自分がやりたいと思えるツアーをやり続けられた時間…
もはやこれまでか…
廃業とガイド引退の現実が直ぐそこまで迫っている現実に、眠れない夜が続く。

一刻の猶予も無く、銀行に融資相談に行くも目標金額には届かず、しかもコロナショックを乗り越える為に、銀行には融資相談者が殺到し、凄まじ順番待ち

融資実行までに1カ月以上はかかる

国が打ち出した救済の政策もいつ実行されるか不明な状況
日々減り続けるお金、出稼ぎにさえいけない世の中…

万事休すか…

座して死を待つより出て活路を見いださん

有効な打開策を思いつかないままの毎日、ぼんやり見ていたネットの中に、クラウドファンディングと言う言葉を見つけた。

まったく初めて聞いた言葉だった、クラウドファンディング
でも色々調べているうちに
「コロナから私の店を救ってください」と打ち出す、とある飲食店を見つけた。
町の小さな居酒屋さんでもチャレンジしている事と、集まるお金の現実を知り、「まだ俺にも道はある!」希望の光が見えた瞬間と同時に襲われる不安

俺なんかがチャレンジして、1円も集まらなかったら大恥かくんじゃないか…
ネット上には、その恥ずかしい失敗チャレンジが永遠に残る…

そもそも…
やらない理由を考え続けてしまう日々

やっぱり止めるべきか…

でもこのまま手をこまねいていたら確実に倒産する
「座して死を待つより出て活路を見いださん」諸葛孔明の言葉を胸に

クラウドファンディングに向けて急ピッチで準備を進めた

ガイド人生の総決算
何処の誰かも知らない人が支援をしてくれるとは思えない
きっと今までツアーに参加してくれたゲストやリピーターが中心になるだろう
もし
今回のチャレンジを、ガイド人生の総決算と位置づけ、失敗に終わると言う事は、こだわり続けた西表島アドベンチャーツアー海歩人のスタイルは、単なる独りよがりの自己満足であり、世の中やリピーターに必要とされていない事である。

こんな清々しい引き際があるだろうか
そう自分の心に言い聞かせ
失敗すれば廃業とガイドを引退すると覚悟を決めた。

見返りの少ないリターン
今回の主たる目的は
新たな商品を売る事では無く、お店の運転資金の確保である
その為、支援者に販売するリターンへの経費は、可能な限り低く抑えなければ意味がなくなる。

でも海歩人らしさは失いたく無い

オリジナル ステッカーやTシャツなどありきたりの内容はさておき
日常で着れない洞窟専用探検服や参加条件が厳し過ぎるのに高額な特別ツアーなど

一体どこの誰が買うのか⁈
運転資金を集める本気度を疑うような内容のリターンである

でもそんなニッチな内容ほど考えている時間は楽しい

どうせ散るなら面白く
クラウドファンディング運営会社に申請を出していた目標内容は、当初200万円
公開日が近づくにつれ、絶対的に不可能な金額に思え公開2日前に半額の100万円に修正するも、不安は消えず

そんな不安を知ってか知らずか
SNSには「応援します」の嬉しいコメントが続々と集まり、沢山の方にシェアされました

夢か幻か?
支援者が集まりだすのは最後の数日だろうと思い込み、公開をSNSで発信して後は、直ぐに就寝…

だったのですが…

鳴り止まぬ「支援しました」のメールやLINEの着信、携帯が壊れたのでは?と疑ってしまうほど
いち早く
支援者への返信を済ませたい気持ちから、PCの前に座りクラウドファンディングの管理画面を見て腰を抜かす

開始して僅か4時間ほどで100%達成!!!???
その勢いは止まる事なく24時間以内に200%を達成してしまう

確かに管理画面には凄い金額が表示されているのですが、現実感は0
夢か幻でも見ているようでした。

エクスペディションツアー準備始まる

ただ一つ言える事は、沢山のリピーターや過去の参加ゲスト様から支援と同時に寄せられる励ましのコメントは、私の心に突き刺さり
PCモニターの明かりだけが光る、真夜中の部屋で、48歳のオッサンは、一人泣きました。

こんなにも応援してくれる人がいた現実、そして今まで、流行りに流される事無く、こだわりやり続けて来た俺流のガイド業は間違では無かった事や、
まだ現役のガイドとして認めてもらえた事の現実。

お金では買えない、ドラマチックな時間に、心の運転資金を溢れるほど頂きました。

最終的には300%達成と言う想定外のありがたい結末。

時同じくして
国の給付金や市町村の協力金、頂けるものは全て申請しありがたく頂きました。
猶予して頂いていた様々な税金や取引先への支払いなど全ての支払いを完了させた頃には、手に入れたお金の2/3は無くなっていましたが。

これで夏のシーズンのツアーが全滅しても廃業は免れる事に胸を撫で下ろしました。

第二波は過ぎましたが第三波が起こる可能は十分にあり、世の中の人達が平常通り旅行に出かける日常はまだ先。

今の開店休業状態が今後も続けば、倒産の危機は再び来るでしょう
でも再びクラウドファンディングを行う事は考えていません。

今、何よりの優先事項は、今回のクラウドファンディングのリターンでもある特別遠征ツアーを無事開催する事と全てのリターンを完了させる事に集中したい。

2020/08に高額リターン以外の、返礼品の発送を全て済ませ、残るは高額リターンの準備、と思いきや

発送したはずの返礼品が届かないとの、連絡が来る…..

準備不足でスタートしたクラウドファンディングである事と、意外にも多くの同姓同名の支援者がいる事、支援者が想像以上の数になった為にリターンの追加発注のミス

手作業での発送管理、少しで負担を減らす為にとの気遣いから返礼品を辞退される方の処理など、自分自身の準備不足が原因の事務的トラブルの連続でした。

心からの支援を頂いたにも関わらず、不快な思いをさせてしまった皆様には、ご迷惑をおかけしました、本当に申し訳ございません。

 

そして2020年の秋、それは実現する!

全てのトラブルが解決し、コロナの第二波も収束の陰りが見えた9月中旬、いよいよ目玉でもあった「特別遠征ツアー」の下見も無事終了!

先日の下見を終え、業界初のツアーの実現まで、あと数ヶ月


関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA