May 31, 2019

本日もレスキュー訓練

本日もレスキュー訓練:リスクマネジメント6日目

昨日の横穴搬送訓練に引き続きシーズン前恒例の縦穴搬送訓練を朝から行いました

当然ですがジャングルの中での作業なので
数え切れない蚊に襲われ蟻に襲われ全身ボコボコに腫れました…涙
しばらくジャングルには行きたくありません

実際の現場で一番遭遇したくない場面であり、一番したくないレスキューでもあります、
動画は日本ケイビング連盟西表島支部のFBをご覧くださいませ


本日の縦穴搬送の条件は

ストレッチャー搬送が絶対条件のビクティムなのだが、事故現場から進むも戻るも極端に狭い箇所(ストレッチャーが通らない場所がある)があり横移動での搬送は現実的に難しく、かなりの時間とビクティムへの身体的負担が大きすぎるため縦穴より早急に搬出する

縦穴搬送ではストレッチャーは縦吊りの方が効率的ではあるが、ビクティムへの負担を最大限抑えることと、サスペンショントラウマのリスクを無くす為に横吊りを条件とする

□西表島支部が常時装備している縦穴レスキューキットを使用
□その他レスキュアー2人分のSRTギア一式
□レスキュアーは西表島支部の2人
□ビクティムは1人(今回は60Kgの砂袋)
□意識はあるが歩行は不可、脊損の疑いあり
□早急な搬出が必要
□洞窟内に応援のレスキュアーは来ない
□洞口付近までに2人で搬送
□支点はナチュラルアンカーのみ
□ボルトの打設は行わない

私たちが日常ツアーで使っている「洞窟」と言う事が条件であるためこの搬送が可能であり、どの縦穴洞窟でも同じように出来る訳ではないのですが、まずは自分たちの仕事場でもある洞窟の安全を確保するためにも、定期的な訓練は絶対必須であります


関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA