Dec 5, 2017

秋の遠征パート2

秋の遠征パート2

こんにちは〜♪ガイド中西です!!

とうとう私も連れて行ってもらいました!鬼の研修IN一宮!

全国各地からケイビング連盟のガイド達が意識向上とスキルアップの為に愛知へ!

まずはじめに
今回の研修を行うに辺り運営や準備は想像を超える大変さだったと思います。私達全国支部メンバーが怪我をする事も無く安全に研修を終えられたのも会長の吉田勝次氏を始め本部メンバーの方々や地球探検社をはじめJETメンバー、その他全ての皆さんのおかげです 。本当にありがとうございました。

丁度1年前の私は、海歩人のツアーやCiao!のケイビングツアーに参加していたお客さんだったのに、いつのまにかケイビングガイドとして研修会に参加するなんて夢にも思いませんでした!行きたくていけるような世界じゃないですしね!

去年参加された西表島の先輩方から聞かされていた鬼の研修会。ツアーが無い日にSRTのトレーニングもやっていなければ当然研修にも竪穴にも行けなかったと思います。ゆくるのカイさんPOLE POLEの岡さん忙しい中指導していただきありがとうございます。

秋の遠征パート2

※研修前のトレーニング。SRTの中でも激むずなオンロープレスキュー。

研修期間が1週間とかなり長いので根気よく読んでくださいませ〜〜♪

秋の遠征パート2

前半戦〜

1週間の半分は12/2に行われたケイビング連盟の事務所完成記念パーティーの準備&クライミングウォールの石付け&縦穴洞窟に向けてのトレーニングがメインとなりました!人数も多い為、竪穴班と横穴班に分かれてのトレーニングです。

秋の遠征パート2

※易しめ課題のつもりが、ちょい辛口、、、ゴメンナサイ。

クライミングウォールの石付けはびっちり2日間程〜高さ6メートルもあり、かなり立体的な壁なのでオーナーも私もノリノリで付けちゃいました♪ちょい辛口課題ですが、もし地球探検社に遊びにいく事がありましたら是非皆様もチャレンジしてくださいませ〜!!

 

秋の遠征パート2

※写真じゃ伝わらないんですが、トラバースのリギング練習。これめっちゃきついんです笑 

ここまでの話だと完全に楽しんでるだけだと思ってしまいますが、一週間の中で一番きつかった室内トレーニングを2日目の夜にやりました〜

200メートルのピッチをひたすら登る!というやつです笑

洞窟探検家の中では、300メートルの縦穴洞窟に30キロの荷物を自分にぶら下げて登るのは普通らしいです!

お手本で200メートルピッチを20キロの重りをつけて、JET隊員のギョニさんに登っていただきました〜

全部登りきるのに1時間、、、未知なる洞窟に行くにはこんなキツイことをするのかと思うとゾッとしました。

トレーニング開始が夜7時ごろで、全員登り切ったのが0時ごろでした〜

私も意地で登り切りましたが、荷物なしで1時間かかり、正直二度とやりたくないと心の底から思いました笑

それでも縦穴洞窟に行くためにはやるしかないのです〜ケイビングは綺麗、感動だけじゃないんです、、、地道でキツイトレーニングがあってこそだと思いました。

 

秋の遠征パート2

JET所属のギョニさん。ロングピッチの時のお手本をしていただきました。

竪穴では、基本的にSRT(原則として一本のロープで垂直な難所を登る降りする技術)ができなければ行けることができません。今回行く洞窟では上下の1ピッチだけじゃなく、何ピッチもありトラバースやチムニー等をロープ一本で1人で登り降りしないといけません。

それも100メートル以上も、、、

洞窟に入ったらほぼ一人でやりきるしかないのです〜下手したら1ミスで死んでしまう世界です、、、

途中でリタイアする時は死んでしまったときだと思うので、とにかくやりきるしかありません。

それでも洞窟に行くのはかなり変人ですよね笑

秋の遠征パート2

※夜22時。レスキュー訓練です。皆時間の感覚も無くなっていました笑

 

後半戦〜

室内トレーニングも終え、待ちに待った人生初の縦穴洞窟〜〜イラバタ洞に行きました!!

ただ、洞窟の中での思い出より、洞窟まで登った山道がはるかにしんどかったのが一番印象に残りました笑

秋の遠征パート2

※ケイバーは山道が嫌いな人が多いそうです笑 カメラを向けられても笑う余裕が全く無かったです笑

これも鬼の研修のメインイベントの為!

メインイベントは128メートルの洞窟キャンプ〜〜〜これでしんどいとかは言ってられません!

しかも竪穴班の中で女子は私1人、、、みんなの足を引っ張らないように頑張るしかないですからね〜(泣)

秋の遠征パート2

※洞口に入る直前が一番怖いです、、、恐る恐る降りてゆきます

西表島での洞窟でも15メートルほどの初歩的なSRTのトレーニングは出来るのですが、このイラバタ洞は今までの室内トレーニングを全部活かさないと行けない洞窟なんです。

無事に怪我なく生還できて探検成功になります。

鬼教官まっちゃんさんの指示の下、初なのにデリギング(洞窟内で使ったロープの回収作業)もさせていただきました!

洞窟に入って一番最後の作業です。鬼教官まっちゃんさんに出来るだけ近くで指示してもらいながらなんとか出来ましたが、室内トレーニングのとき以上に緊張しました。これも一歩間違えば何メートルも落下してしまいます。落ち着いて一個一個解除していきます。

秋の遠征パート2

※冷静に着実に

イラバタ洞でモチベーションも更にUPし、最後はメインイベントの洞窟キャンプ♪

洞窟内でキャンプになるので40Lのバックに個人装備をパンパンに入れてスタートです。

私は竪穴も今回の研修で初で、実はキャンプも初 笑

色んな意味でドキドキです笑

秋の遠征パート2

※ツナギの中に沢山着込んで皆コロコロしてます笑

前回のイラバタ洞の何倍も怖くてキツイと先輩達に散々脅されていたのでかなり不安でした(泣)

それでも自分の好奇心の方が勝っちゃうんです〜実際に行ってみないと分からないことだらけでした。

洞窟内では待機時間が長く、かなり寒くて辛いんですが洞窟探検では当たり前らしいです。

少し西表島のあったかい洞窟が恋しくなりました笑

秋の遠征パート2

※やっと全員が揃ってのご飯。暖かいご飯が身にしみます 吉田さん作泥つきもちチーズ笑 美味しかったです♪

洞窟で寝るのも、寒くて寝転がると痛いから寝れないと思っていたのですが普通に疲れ果てて爆睡してたので自分でもびっくりでした笑

洞窟の奥へ行くときは、待ち時間が多いので128メートルも降りた感覚が無く、先を見たい気持ちが強くてしんどさはあまり感じませんでした。

ただ、帰る時が一番しんどいんです、、、荷物をぶら下げて50メートルピッチを上がった時はちょっと泣きそうになります。しかも下を見ると誰もいないし見えないし。それが何度もあるので、200メートルピッチより楽!!と自分に言い聞かせながら早く洞窟から出たいと必死になって出ました笑

洞窟キャンプの後は、当分洞窟に行きたくないと思いましたが、西表島に帰ってきてもう来年の研修が楽しみになっているので私も洞窟好きみたいです笑

ここ数年でTV等でケイビングの存在が表に出てきていましたが、ほんとに想像以上の世界でした。まだまだ色んな世界があるのかと思うとワクワクします。吉田さんをはじめ、洞窟探検家の方々のお話もかなり刺激的でした。

海歩人に移籍してまだ一年もたっていませんが、今年一番のあっという間で濃密な1週間でした!日頃のトレーニングや、県外の色んな講習会に参加することがどんなに大事か痛感しました。

日本ケイビング連盟代表の吉田 勝次氏、JETの近野さん ギョニさん アガタさん、CiaO!の まっちゃんさん ゆかりんさん、沖永良部島ケイビングガイド連盟 のけんやさん よしきさん、大滝アドベンチャーズのふみさん かいちさん なつきさん、川上村エコツアーのイノッチさん ヤッスーさん、ゆくるのカイさん、POLE POLEの岡さん

刺激的な1週間を本当にありがとうございました!!来年の研修も楽しみにしております!

長い文になっちゃいましたが、今回の研修を活かしてガイドも頑張りたいと思います!

それではまた〜♪

 

本日のブログ 海歩人ガイド中西でした

西表島のアクティビティーツアー(カヌー&トレッキング&キャニオニング&ケイビングなど)は信頼と実績の西表島アドベンチャーツアー海歩人にお任せください

 

 


関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA