Nov 13, 2014

第四次西表島新洞調査

季節的な島の諸事情があり今年のエリアへ来ることは最後になりそうだったので、思い切って「第四次西表島新洞調査」へと出かけました。

画像

実は今回は詳しい写真なし……………..すいません…かなりの狭小空間の調査がメインだったのでメンタル的に余裕なしでした
洞穴上層部にある支洞にアタック………劇狭{%最悪webry%}{%最悪webry%}{%最悪webry%}{%最悪webry%}{%最悪webry%}{%最悪webry%}{%最悪webry%}
心折れる最低すぎる空間{%がっかり(orZ)webry%}  恐怖心を探究心が超え魂がビリビリ震える時間
その後は小規模なドームに到達 基盤岩の流水後を辿ると小滝へと繋がっていた
ここが下の階層にある主洞最奥につながる流れ込みと断定できました
一度戻り 再び主洞へ入り小滝の場所を再確認し周辺の調査を続行
す る と !
行き止まりに見えた左上にさらに奥深くへとつながる新しいルートを発見{%力仕事webry%}{%力仕事webry%}{%力仕事webry%}{%力仕事webry%}{%力仕事webry%} しかも2つ!
でも非常に不安要素の高い崩落跡の恐怖と 支点を取るための資機材を持ってきていないこともあり本日はここで打ち止め
また新しい宿題ができました
第一次~第四次の調査結果としては 調査済み洞窟距離は主洞支洞含めておおよそ200M(正確な測量結果ではありません)
全てが調査出来ればもっと長くなりそうです
今現在のところ西表島で発見された最も長い洞窟は約340mの洞窟ですが、もしかするとそこを超える規模になる可能性もありますね
まぁまた来年の時間が作れた時にでも行くとします
来週からはいよいよ楽しみにしていたキャニオニングの新フィールドの開拓が始まります!!
忙しくなりそうです


Posted in その他No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA