Oct 10, 2014

(社)日本ケイビング協会 Level UPトレーニングin愛知/岐阜

10/7~9の3日間で(社)日本ケイビング協会のLevel UP講習会に参加され頂きました。
日本屈指の洞窟探険家でもあり(社)日本ケイビング協会の会長/地球探険社の代表でもある吉田勝次氏の指導のもとトレーニングとなりました
実質の教官は、吉田氏の元で日々洞窟探険家の道ともに歩くプロガイド「松下氏」とアシスタントとしてプロガイド山口氏と風太氏の協力を得て充実した時間を過ごしました

画像

SRTケイビングは現場でのミスは命を落とす とにかく頭ではなく体に覚え込ませる為に反復練習あるのみ 朝から夜までトレーニング

画像

ギアの取り扱いの習得はとにかく触る事

画像

実践は、日本で一番のスキルを誇る「ケイビングツアーちゃお」のアジトを使わせて頂きます

画像
画像

洞口(通称:イラバタ)まで一気に150Mを登ります・・・・これが良いトレーニングになるのです 西表島の蒸し暑いジャングルとは違い清々しい空気が気持ちよいです

画像

いよいよSRT本番です

画像

ここから-60m降下します!!
とんでもない緊張と恐怖が心拍数を急上昇させますが、それ以上に早く入りたい冒険心にワクワクがとまりません
キャニオニングやクライミングとは違いケイビングのSRTロープワークは「安全とは」を重視する世界 「当たり前の安全確保はこんなにも大変で重要である」とにかく得る事が多く楽しい時間
西表島の洞窟と違いとにかくヒンヤリ涼しいので洞窟内は快適そのもの、「ここだと何時間いても大丈夫だなぁ~」と思っていたのも後悔する様な、地底湖スイミング・・(水温8°ほどなのにウエットスーツ無し/苦笑)
30Mチムニーケイビング(落ちたら多分死ぬ/苦笑)などなど
「やっぱり洞窟は最高だぁ」と講習会と言う事を忘れるほど楽しめたのも、しっかりとバックアップをしてくれる教官がいてくれてこそなのです
お客さんの立場で感じる「ガイドの存在とは?」重要な時間
書き尽くせないほど重要なトレーニングとなりました、ここで得たスキルを自分のツアーにフィードバックしつつ「安全で安心、高品質」を提供出来る様に日々精進致します
実際の様子は写真を撮る暇がなくありません・・・申し訳ない
今回の講習の肝はSRTケイビング 基本から始まり「SRTの安全とは何か」「確保する側と確保される側」 「レスキュー」に至まで
ここまでの内容を学べる場所は他に無し (社)日本ケイビング協会こそ唯一無二の存在です


Posted in 安全対策No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA