Sep 22, 2014

台風通過後のフィールド確認と調査作業

大きな影響も無く過ぎた台風16号 期待していた恵みの雨をもたらす事も無く過ぎてしまいました
一部の定期船は運行を開始したのだが自分の目でフィールドを確認した訳ではないので直ぐにツアー再開とは行かない・・・・連休中につき沢山の予約を頂いてはいるのだが・・・
「たぶん大丈夫」でツアーを行う事は出来ないので、ご予約を頂いていた石垣島からの日帰り参加の方に「ツアー中止」の連絡をすませた後ツアーの現場確認作業となりました
まずは上級洞窟の影響調査から

画像

以前の台風時に知人ガイドが考案してくれた海からの漂着ゴミの流入を防ぐ養生が効果的で、出口も影響無し
水質も衛生上も水温も24°でクリアー まずまず安心してツアーは行えるレベル
続いてシャワークライミングで使用する沢へ

画像

ほとんど雨が降らなかったようで濁りは無いものの水質は良いとは言えない状況 水温25.5 思いのほか水温も高い
がツアーは行えるレベルではありますね
そしてキャニオニングの沢へ

画像

数日前よりわずかに水量は回復しているものの水質は良くない状態 しかも水温が高い

画像

沢の上流部分とは思えない温度です。
やはり水質、水温、現場環境を総合的に判断すると 非常に臆病な海歩人としては、今日までは水に長時間入る事は避けたいレベルです
その後も初級洞窟の水質、水温、衛生状態などの確認を終え急ぎ足のフィールド調査終え、島に滞在している方を対象としていた午後ツアーの参加者に「ツアー中止」の連絡を住ませ本日の作業終了
どのフィールドもルートを塞ぐ様な倒木や地崩れなどはなく明日には通常のツアーが再開出来そうなレベルで一安心です。


Posted in 安全対策No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA