Oct 4, 2011

ツアー中止の為フィールド調査

昨日から降り続いている大雨  今朝になっても雨脚は衰えずAM6:00の段階では竹富町に大雨警報続行 さすがに警報が発令されてはツアーを行う事は不可能と判断しツアー全面中止 全ての参加者に中止を伝えたその1時間後には空も明るくなり警報も注意報へ ・・・・・中止の判断早過ぎたか・・・・いやいやそんな事は無い 大増水している河川の水量が急に低下する事は考えられないので正しい判断だ そんな事を自分に言い聞かせながらも気持ちは落ち込むものです/苦笑 でもこんな時だからこそ「安全なツアーを行う為の限界水量の目安を計るフィールド調査」が出来るのです

画像

予想どおり!沢の水量は安全なレベルを遥かに超えていました 膝裏から激しい流れを受け何度も濁流に持って行かれそうになりヒヤヒヤものです(個人的には好きな状況ですが/笑)

画像

いつも歩き慣れた沢道も全てが川・・・と言うか全てが滝でした 流れ落ちる濁流の轟音が恐怖をさらに増大させますね 「いやぁ~やはりツアーは中止にして良かった」とつくづく感じながらさらに調査を続けます。

画像

ライフジャケットを持って来たら良かったと思いつつ足場を見極める目も真剣になります

画像

この後は写真どころではなく流されない事で精一杯でした/笑 ツアーじゃ無くフィールド調査なのでたどり着けるコンディションでしたが、おかげで急な増水時に安全に帰れる巻き道の目安も出来たし身になる調査となりました。


Posted in 安全対策No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA